令和2年度クリーンさっぽろ実践模範地区として清田町内会(猪野毛昭男会長)が選ばれ11月28日、市長表彰を受けました。

 清田町内会はアパートとマンションが多い地域。かねてよりマンション住民が、町内会の管理するごみステーションにごみを投げ入れ、ステーションからあふれ出るなどの事態が起きていました。

 札幌市の要綱では「6戸以上の共同住宅はゴミ保管場所を設置しなければならない」となっており、清田町内会は2017年から各アパート、マンションと話し合い、これまでに55棟のアパート、マンションがごみ保管場所を設置するに至りました。