清田地区町内会連合会副会長で清田町内会長の猪野毛昭男さんが、令和2年度の札幌市自治振興功労者表彰を受賞し、秋元札幌市長から表彰されました。

猪野毛昭男さん

 猪野毛さんは平成13年(2001年)、誘われて清田町内会副会長になり、この時から町内会活動と地域活動を始めました。長年勤めた北海道コカ・コーラボトリング(清田1条1丁目)を退職して、少し時間ができた事で町内会役員を引き受けたそうです。2017年からは清田町内会会長兼清田地区町内会連合会副会長となり、現在に至っています。

 また、清田街路灯組合の組合長も2000年から務め、今も街路灯の管理を行っています。

 清田地区福祉のまち推進センターの運営委員長も2017年から務めており、日々、地域の高齢者の見守りや子育て支援など「福まち活動」の先頭に立って活躍しています。

 この間、民生委員・児童委員を15年間務め、民生委員の清田区の会長も長年務めました。ほかにも清田地区統計調査員協議会会長、清田区社会福祉協議会副会長、清田小学校評議員、札幌市共同募金委員会理事、清田地区地域ケア推進会議委員などを今も務めています。

 温厚な人柄で、地域の皆さんから信頼され頼りにされる猪野毛さんです。

 表彰式は毎年11月に、札幌パークホテルで華やかに行われ、市長から表彰状が贈られますが、今年はコロナのために表彰式は中止に。代わりに清田区役所で、小角清田区長から表彰状が手渡されました。