NPO法人「あしりべつ川の会」が清田地区の厚別川(あしりべつ川)に上げた鯉のぼり80匹が、今年も春風に乗って元気に泳いでいます。

あしりべつ川の会の皆さんと鯉のぼり

 「あしりべつ川の会」の皆さんは4月17日(日)、厚別川の両岸に架かる長さ60mのワイヤーロープに鯉のぼり80匹を取り付けました。場所は、国道36号線と旧道の間です。

 この鯉のぼりは、地域の子供たちの健やかな成長と地域の発展を願って2003年から毎年行っており、今年で20回目になります。

 さらに今年は4月23日(土)、清田幼稚園と清田保育園の園児が色を付けたこいのぼり2匹が加わりました。

 両園から「あしりべつ川の会」に鯉のぼりが引き渡され、川の会の手で掲揚されました。

清田幼稚園と清田保育園の鯉のぼりも厚別川の上へ

 今年は、子供たちが色を付けた鯉のぼりも、先輩の鯉のぼり80匹と一緒に厚別川の上を泳いでいます。鯉のぼりは5月7日まで掲揚されます。